古代エジプト旅行に必携『古代エジプト王国 トラベルガイド』

  • URLをコピーしました!

古代エジプトに旅行。行ってみたいですよねえぇ。

あなたなら何を観たいですか?お土産には何を選べばいいかな?

行くのならこのガイドブックが必携。ラムセス2世の時代に時間旅行です。

ギザの大スフィンクスとカフラー王のピラミッド
ギザの大スフィンクスとカフラー王のピラミッド

出典:ウィキメディア・コモンズ (Wikimedia Commons) CC-BY-SA-3.0-migrated

画像をタップまたはクリックすると大きい画像が出ます。もっと大きいものをご覧になりたい場合は、画像左下の引用元のリンクをクリックし、Wikipedia の元ファイルをご確認ください。

目次

『古代エジプト王国 トラベルガイド』 シャーロット・ブース(著)、月森佐知(訳) 創元社

著者のブース( Charlotte Booth )氏は英国の大学でエジプト考古学を学び、2018年バーミンガムにて博士号を取得されています。

ブース氏はエジプト学者にはならず、エジプトもの以外の本も出されるなど、現在は執筆活動に勤しまれているようです。

翻訳者は月森佐知氏。

『古代エジプト女王・王妃歴代誌』『ヒエログリフがわかる絵本』『古代ローマ帝国トラベルガイド』などを訳されています。(本持ってます(*’▽’) 綺麗なお名前なので印象に残っていました)

このお二人のお名前で、本書に対する信頼度は高まります。

どこかのライターが、てきとーに面白おかしく、想像で書いたものではないということですね。

本の装丁はハンディタイプのガイドブックみたいです。

古代人が執筆したガイドブックのかたちを取って、古代エジプトの観光スポットやグルメ、宿泊などの情報満載。

何処に泊まろうか、何を食べようか、考えただけでわくわくしてしまいます!

『古代エジプト王国 トラベルガイド』

画像をクリックすると Amazon のサイトに移動します。

『古代エジプト王国 トラベルガイド』 シャーロット・ブース(著)、月森佐知(訳) 創元社
  • 出版社 ‏ : ‎ 創元社
  • 発売日 ‏ : ‎ 2010/3/18
  • 単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 160ページ

この本の目次

  • 第1章 エジプトって、どんな国?
  • 第2章 古都テーベ
  • 第3章 テーベ以外の観光スポット
  • 第4章 エンターテイメント
  • 第5章 旅の基本情報
  • 第6章 基礎知識

行き先は紀元前1214年、ラムセス2世の時代

ラムセス2世(エジプト新王国第19王朝のファラオ、紀元前1303年頃-紀元前1213年頃。在位:紀元前1279年頃-紀元前1213年頃)
ラムセス2世(エジプト新王国第19王朝のファラオ、紀元前1303年頃-紀元前1213年頃。在位:紀元前1279年頃-紀元前1213年頃)

引用元:ラムセス2世像(大英博物館蔵) Nina Aldin Thune – Nina CC-BY-SA-3.0-migrated

やっぱり行くからにはその国のことを知らないといけません(知らなくてももちろん楽しめます)。

エジプトの神々、社会構造、ミイラ作り、軍隊、結婚・離婚。

私が知りたいのは、庶民たちがどんな格好をして、どんな食事をし、何を楽しみに日々暮らしていたのかなということです。

このガイドブックには食事情やナイトライフなどの観光に関する事柄だけでなく、文学、経済状況などもきちんと載っていますので、得ることができる情報は思った以上に多いです。

なにしろ大昔のことですので、まだ解明されていないこともたくさん有ると思います。今後の研究に期待しています。

本書のように、手に取りやすい書籍がいっぱい世の中に出てくれば、若い読者の中には古代エジプトに興味を持ち、将来学者を志す方もいらっしゃるかもしれません。

そういう意味でもこうした本はとても有益だと思います。

観光スポット

本書では古都テーベの観光スポットが掲載されています。

王家の谷、カルナック神殿、ルクソール神殿、トトメス3世神殿などなど、どれも憧れの人気の観光地ばかり。

今回の旅行先はラムセス2世の時代の古代エジプトです。

アブ・シンベル神殿、王妃ネフェルタリ墓、ラメセウムのメリトアメン像と、ラムセス2世関連を中心に巡るツアーを企画しようと思います。

アブ・シンベル大神殿
アブ・シンベル大神殿

引用元:アブ・シンベル大神殿 Olaf Tausch CC-BY-3.0

ラムセス2世妃ネフェルタリの墓
ラムセス2世妃ネフェルタリの墓

引用元:ラムセス2世妃ネフェルタリの墓の壁画

メリトアメン像(ラムセス2世と王妃ネフェルタリの娘で、ラムセス2世の妃)
メリトアメン像(ラムセス2世と王妃ネフェルタリの娘で、ラムセス2世の妃)

引用元:メリトアメン像 Djehouty CC-BY-SA-4.0

現地でショッピング

骨董好き、アクセサリー好きの私としては、まずビーズのアクセサリーが欲しいな。

それって、確実に一点物でしょ。

観光中、食事もしなくてはいけませんね。古代のパンて、どんな味なんでしょうか。

あ、ビールも当然試飲します。

お肌に塗る香料も調達しなくちゃ。エジプトは日差しが強いですからね。

エジプトの有名な高級香料、キフィなら間違いないでしょう。

本書でもアクセサリーや香料がおススメのお土産に挙げられています。

装身具の細工師

 中王国時代には、ビーズや金を材料にした、みごとな装身具が作られるようになった。こうした装身具を買い物リストに加えよう!おみやげにすれば、きっと喜ばれるはずだ。

 だが、美しい作品を生みだしているというのに、装身具の細工師に対する世間の評価は、かなりひどい。中王国時代に書かれた「職業の風刺」(『ドアケティの教訓』より)には、彼らは「ワニのような指」をして、「魚の卵よりもくさい」と書かれている!

 だが、装身具作りの各工程を担当する細工師は、金銀や銅を溶かし、成形する。ビーズの細工師は「舞いきり」で準宝石に穴をあけたあと、できあがったビーズを磨く。ほかにもビーズを亜麻糸に通して、装身具を完成させる職人もいる。

シャーロット・ブース(著). 月森佐知(訳). 2010-3-10. 『古代エジプト王国 トラベルガイド』. 創元社. p.19.

細工師に対する評価がひど過ぎなのが泣けますが、エジプト展で見るアクセサリーはどれも手が込んでいて、その技、そのデザイン、時空を超えてもなお輝きを保ち、少しも色褪せません。

発掘されたアクセサリー

ネックレス メトロポリタン美術館蔵
ネックレス メトロポリタン美術館蔵

引用元:ネックレス CC-Zero

ファラオ・センウセレト2世の娘、シトハトホルユネト王女のネックレスです。

ネックレスは、金、カーネリアン、ラピスラズリ、アメジスト、グリーン・フェルドスパー(長石)などでできています。

シトハトホルユネト王女の父親センウセレト2世( Senusret II, 在位:紀元前1897年-紀元前1878年)は、古代エジプト第12王朝第4代ファラオです。

タカラガイの飾り帯、ブレスレット、アメンエムハト3世の名前のあるブレスレット、アンクレット メトロポリタン美術館蔵
タカラガイの飾り帯、ブレスレット、アメンエムハト3世の名前のあるブレスレット、アンクレット メトロポリタン美術館蔵

引用元:タカラガイの飾り帯、ブレスレット、アメンエムハト3世の名前のあるブレスレット、アンクレット CC-Zero

上の画像は、古代エジプト第12王朝の第6代ファラオ・アメンエムハト3世( Amenemhat III, 在位:紀元前1842年-紀元前1797年または紀元前1860年-紀元前1814年)の名前入りのアクセサリーです。

アメンエムハト3世は、第5代のファラオ・センウセレト3世の子供です。

センウセレト3世はセンウセレト2世の息子。前述のシトハトホルユネト王女の兄弟に当たります。

『古代エジプト女王・王妃歴代誌』によれば、アメンエムハト3世はシトハトホルユネトの息子、または養子とのことです。

トトメス3世妃の頭飾り 第18王朝(新王国時代) メトロポリタン美術館蔵
トトメス3世妃の頭飾り 第18王朝(新王国時代) メトロポリタン美術館蔵

引用元:トトメス3世妃の頭飾り CC-Zero

新王国時代、第18王朝のファラオ、トトメス3世(在位:紀元前1479年頃-紀元前1425年頃)の、アジア人の妃たちの墓から出土したもの。

これと似たロゼット文様の飾りが、東京上野の国立博物館に収蔵されています。

セネブティシの襟 第12王朝(中王国時代、紀元前1850年頃-紀元前1775年頃) メトロポリタン美術館蔵
セネブティシの襟 第12王朝(中王国時代、紀元前1850年頃-紀元前1775年頃) メトロポリタン美術館蔵

引用元:セネブティシの襟 CC-Zero

この襟飾りはファイアンス、金、カーネリアン、トルコ石からできています。
メトロポリタン美術館の解説によると、「ファルコンの頭と葉のペンダントは元々金メッキされた石膏で、金メッキされた銀で復元された。ファルコンの目は元々金メッキされたビーズで、金メッキされた石膏で復元された」とあります。

本書の「通貨」の項目のコラムで、

現在の相場

 エジプトは宝飾品の製造で有名で、比較的安く買うことができます。それでも、質のよい宝飾品は、やはり値がはることも頭に入れておいてください。ファイアンス(青色の彩色陶器)のネックレスは、安いところで5デベンから買えます。ラピスラズリ(青金石)のネックレスは、最低でも8デベンはします。それと同じくらいの品質の金のネックレスは銅36デベンで、若いロバ1頭と同じだけの価値があります。

シャーロット・ブース(著). 月森佐知(訳). 2010-3-10. 『古代エジプト王国 トラベルガイド』. 創元社. p.133.

ファイアンスでできているアクセサリーも素敵ですが、ラピスラズリが使われていれば、それはやはりお高いのですね。

有名高級香料キフィ。その用途は結構広い。

古代エジプト人はパンをよく食べる「パン食い人」。

庶民はビール、王侯貴族はワインを飲んでいました。飲めばやっぱり酔っ払うひとも…。

本書では美味しそうなワイン、女神ハトホルやライオン頭の女神セクメトに関連する「酒飲みの祭り」も紹介されています。

古代ローマのトラベルガイドも

書いた方は異なりますが、古代ローマのトラベルガイドも出ています。

古代エジプトに古代ローマ、あー、本当に行ってみたいぃ。

というわけで、古代にタイムスリップの気分を味わいたい方にこのシリーズをお勧めします。

あまりエッセイは読まないのですが、この方たちのものは別です。

少し年月が経ってしまっていますが、面白いのでおススメ。

エジプトを旅行したくなりますよ( ̄▽ ̄)。あ、逆に、「これ読んだらもう行った気になったからいいわ」ってなるかも。

電子書籍も出ています。

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次